teardrop’s name

teardrop’s name

http://pinksugarmilk.blog57.fc2.com/

僕はしあわせだ。

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*naresome 

2010/10/16*Sat*

えっと 13日のことを話します(※長いよ!

原宿で待ち合わせ。Y氏と呼ぶのもなんなので、ゆう氏(仮)と呼びます
この前に109で買い物三昧(※前々回参照)してきた私は、紙袋三つにいつものピンクバッグといういでたち
露骨に買い物客で申し訳ないなと思いつつ、彼に連れられるまま表参道を歩く



青山のNOSというお店でご飯
喉が渇いてたのでアルコールごくごく飲む
これはカルーアミルク



トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ?だったかな
カプレーゼって何だと思いつつ。



鰹のカルパッチョ
カルパッチョ好き。



ホタテを色々して焼いたもの(?w
ちょっと話すのをやめちゃうくらい美味



アボガドとじゃがいものピザ的なものも、すごーくすごーく美味しかった
ソースが明太子たっぷりで…全部好きなもの



デザートの朝鮮人参のムース?
食材は全て有機野菜を使ってるらしいよ!

何か凄く良いお店でした。ご飯もそうだけど、接客が素晴らしくスピーディできめ細やか
居酒屋とかで呼ばないと来ない(呼んでも来ないor気付いてもらえない)とか多々あるけど、
常に気配りをしていて、お箸を落としたらさっと取り替えてもらえる
4階くらいまであって、造りも何か面白かった
値段設定ちょっとだけ高めだけど、また行ってみたいなぁ

その後まだ時間があったので
外国人ばかりのBarと水族館みたいな店どっちがいい?と聞かれ前者をチョイス




オープンテラス。景色が素晴らしかった
ひときわ光ってるとんがった建物は教会らしい。
あちこちから英語が聞こえてくる。外国人御用達?

ここの接客も(all 外国人)見事だった
欧米の方っぽいチャーミングスマイルと日本的な気遣い
帰るときも「また是非お越しください」って心を込めた笑顔と言葉をもらった



私はユズなんちゃらを、彼はずっとビール
ミントがいっぱい入ってて体に良さそうだ


ゆ「好きなタイプとかある?」
私「そうだなー…人形みたいな人かな!」
ゆ「人形かぁー?それってどんな感じ?」
私「人間っぽくない人かな」

ゆ「俺はrukiから見てどんな感じ?」
私「そうだねぇ 無抵抗で何回も殴り続けたら倒れそうだね…」
ゆ「そりゃあね…w」

思い返すと何て色気のない回答だろうか…
いつもこんな風にはぐらかすような話し方をしている気がする
核心に触れず、いつでも逃げられるように。

実は彼はネットを通して知り合い、会うのは初めてだった
特に何の期待もしていなかった。流れるように流されて。
最初に顔を合わせたときも特に何の感慨もなく、ふつうの印象だったのだけど
でも話をしていて。どうでもいいようなよもやま話ばかりだったのだけど
彼がとてもよく笑う人で。
私の大したことない言葉の一つにも、目元に皺をつくってくしゃっと笑う
っていうか何度も噴き出された
無理することもなく、楽しくて、楽しいことが自然で、特別で、嬉しくて
素敵だなぁと思った
人といることに対する圧迫感というものを感じさせない人だった
するりと壁を壊してしまった。のれんに腕押し、みたいな感じで。気付かないうちに

しまいには目を合わせるだけで二人して笑っちゃうようになり、よく分かんないけど面白いなぁと思った




時間が危うくなってきたので駅を目指すことに
途中でさっきの教会に遭遇。迫力が凄い
いつか中に入ってみたい



竹下通りに入る。こんな空いてる竹下通りはめったに見れないよ!
とか言いながら撮った写真が思わぬ記念になった


話は冗談を交えながらも恋愛系の様相を呈してきた
俺は好きになったらすぐ告白する と言われ
そうなんだーと平静を装いつつも予感があった。でも落ち着いて構えられるほど大人でもない

「俺が好きだ、付き合ってって言ったらどうする?」
何とか「その時になってみないと分からないなぁ」と答えた
というかそのジャブだけでもう十分効いていた
「じゃあ言う。好きだから、付き合って」

本物だった。これは現実だった
「この一日で私の何が分かったの?w」ちょっと軌道をずらしてみたものの、もう私の選択肢は限られていた
すぐに返事をするか、少し期間を置いて答えるか。
どちらを選んでも、答えはYESだった
そのことに、私は仰天していた。
ほんの少し抵抗したい気持ちもあったけど。
彼の目は少し前からもう完全に恋する人の目になっていて、そんな目で見据えられたら
私のあがきは塵みたいに意味がない

唐突にうん、とにっこししながら頷く
ほんとに?と尋ねる彼に何度も頷く
彼のぽかんとした顔がぱぁっと明るくなり
「やった!!」と気付いた時には腕をとられ
手をつないでいた。


スポンサーサイト


- 日記 - Permalink - Comment:2 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

*Comment.

おおおおお
素敵な彼氏ができて
よかったね♪

うん、よかったよかった!
彼氏と素敵な日々を過ごしてね^^v
>セキタイさん
どうもありがとうございます↑

始まって早々に波乱含みな感じなんですが、上手く折り合いをつけて仲良くしていけたらなと思います。
*Comment form.









       
*Trackback.
トラックバックURL
→http://pinksugarmilk.blog57.fc2.com/tb.php/497-c7b9316e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。