teardrop’s name

teardrop’s name

http://pinksugarmilk.blog57.fc2.com/

僕はしあわせだ。

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*☆クビシメロマンチスト

2012/10/09*Tue*

戯言シリーズ二作目 クビシメロマンチスト(人間失格・零崎人識)
この作品は作者が三日で書き上げたと聞いています…え、ほんとに?
かぬぁり分厚いですが…




細かい粗筋はどこかに任せて、一言でいうと柄にもなく同級生にバースディパーティに誘われたいーちゃん、死神のようって作品です

つまりパーティのメンバーがどんどん死んでいくわけですね…

一作目を私は「一番まともにミステリしてる」と評しましたが、二作目はその点「物語としてよくできてる」と言えると思います
他にはない情感、みたいなものがすこーしあります。登場人物も他と違いふつうの大学生なので、割と近づいて感じやすいのかも。
大学生の割にあまりその描写がない戯言遣い(実際ほとんど行ってないが)の大学生活、その交友関係を垣間見られるのもポイントでしょうか

この作品の個人的見どころとしては『刑事佐々沙咲、斑鳩数一と渡り合ういーちゃん』『殺人鬼零崎人識と一戦交えるいーちゃん』ですね

この作品において戯言遣いいーちゃんの鏡の向こう側、零崎人識との出会いが描かれるわけですが、それは驚くくらい本筋(同級生殺人事件)とリンクしません
このはぐれ者感が人識という存在を表していていいですね(実はリンクしていたことは外伝で描かれるのですが)

抜粋コーナー

 同級生葵井の誘いを断った戯言遣いに対して
「でもでもでもっ!それでも話も聞かずに断るなんて、いっくん滅茶苦茶だよっ!≪中学二年生にしてバンド結成、ただしメンバー全員ベース≫みたいなっ!」

 彼女のこのフリはちょいちょい出てきます


零崎は笑って。
ぼくは笑わなかった。

 度々出てくるこのフレーズ


 同級生智恵と戯言遣いの会話
「ぼくは生まれ変わりたくなんてないな。早く死にたい」
智恵ちゃんは「そうだろうね」と優しく微笑んだ


 零崎と戯言遣い
「よう、欠陥製品」
「やあ、人間失格」

「お前だよ。お前は葵井のこと、どれくらい好きでどれくらい嫌いなんだ?」
「好きが零で嫌いが零だ」
「うわっ……」ちょっと後ろに引いてしまったような、引き攣った声を漏らす零崎。
「ひっでぇ……、お前ってえげつないのな」
「殺人鬼に言われたくない」
「うるさい傍観者」

 黒尽くめの犯人に対して零崎
「殺してバラして並べて揃えて晒してやんよ」

 犯人と戯言遣い
「友達よ。好きだった。だけど、何があっても首を絞めないほどに好きだったわけじゃない
それともあんたは、友達を絶対殺さないっていうの?どんな理由があろうとも、友達は絶対に殺さないっていうの?」
「殺すかもしれない存在を、ぼくは友達とは呼ばないね」

 哀川潤(請負人)から戯言遣いへ
「統計?二十年も生きてきて出る言い訳が統計なのか?
そんな馬鹿らしいもん信じてんじゃねーよ。十万回に一回しか起きないことは一回目に起きるのさ。一番最初に会った相手は百万人に一人の逸材なのさ。確率は低いほどに起きやすい。≪統計≫?くだらないくだらない……奇跡なんて一山いくらの二級品だってのにさ」


二作目は割とお勧めしやすい…かもしれない

スポンサーサイト


- ザレゴトリリック - Permalink - Comment:0 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

*Comment.
*Comment form.









       
*Trackback.
トラックバックURL
→http://pinksugarmilk.blog57.fc2.com/tb.php/1102-74512131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。