teardrop’s name

teardrop’s name

http://pinksugarmilk.blog57.fc2.com/

僕はしあわせだ。

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*二つの決意

2011/06/14*Tue*

昨日の夜、ななしに相談をした
今の仕事のこと、これからしようとしている仕事のこと。
自分の気持ちもよく分からなくなっていた

最初はやりたいならやれば?というスタンスだったが(こういうことに偏見も特にないらしい
私が話を続けるにつれ「向いてないんじゃない?」と言われるに至った

「社会からそういう目で見られても全然何ともないならいいけど
今の状態だと後悔するんじゃない?」

私はほとんど諦めていた
普通の、ありふれた恋愛をすること
だから、もういいじゃんと
別に自分の体が汚れるわけじゃない
少し心を忘れるだけ

「でもいつかそういう人が出来るかもしれない
そのとききっとrukiは言わずにおこうか、言った方がいいか、悩むんじゃない?」
絶対思い悩むだろうなと思った

次の休みに本当は行く約束になっていたけど
まだこの仕事を始める覚悟が出来ていないと連絡した
「わかりました」と昼頃メールが来た
何故か猫の絵文字付き

何かぐだぐだ言って来たら俺に言え、と言われてたけど
結局あっさりと事は終わった

何より、「辞めよう」と決断をしてから凄く心が軽くなって
そんな選択をしなくても、私十分生きていけそうなことに
感謝した。
夜に夢でうなされることもなくなって、頭のモヤモヤが吹き飛んで
「そうか、それが答えだったのか」って
彼に感謝した

始まってもいないのに断りの連絡を入れることは極度に苦しかったけど
彼に背中を押してもらって良かったと思う
胸を張って生きていけなくなるのはダメだ。


そして今日、店長に仕事を辞めようと思っていることを伝えた。
事態はどんどん悪化していて、それは私が悪いだけなのだけど
私はもう店の力になれない。
苦しくて、息がつまる

店長ときちんと話をするのはこれが初めてで、
何も言えなかった私も悪かったけど
彼は自分を責めていた

思いのほか引きとめられ、他の店に移るとか、他の業務に移ってしばらく営業から離れるとか
色々と提案された
少し考えると言った
目がびっくりするくらい真っ赤だった
涙と鼻水が止まらなかった


今日嬉しかったことは、今日機種変更をしたお客さんが、店の移転前に私が応対したお客さんで
それを覚えていてくれたことだ。
私はもちろん(たくさんの人を受けているので)覚えてなかったけど、
履歴を見ると私の名前があったので「受けてたのかなぁ」とひっそり思ってたんだけど
「前~のお店にいらっしゃいましたよね?」
「妻の機種変更で、僕も隣にいたんですよ」みたいな話を最後にされ
何だかとっても有難く思った

前の店舗が好きだった
以前の店舗で長く働いていたスタッフは、多分みんなそう思ってる(もう数は少ないけど
何故か、居心地が良かった。

そのときの気持ちには、もうなれないのかな

スポンサーサイト


- 日記 - Permalink - Comment:2 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。