teardrop’s name

teardrop’s name

http://pinksugarmilk.blog57.fc2.com/

僕はしあわせだ。

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー

2009/01/25*Sun*

PINK
え?目が痛い?

Francfrancで買ったランチョンマット。
インテリアショップ大好き!部屋のインテリアにはこだわります。

床が見える部分が大きいほど部屋が広く見えるので、棚は背の高いものを使って収納重視、床には何も置かないようにするのがポイント(極力)
色はごちゃごちゃしてると統一感がなくなって煩雑な印象になるので、テーマカラーを決める。私の場合は好きなピンク×白。白は部屋が広く見えるし、清潔感もあるので。主に白を、ポイントにピンクを入れる感じ。目立たせたくないものは白で(でも布団カバーなど面積の大きいものに目立つ色をおくとこれも部屋が狭くみえる)
部屋の作り方のカテゴリー作るのも面白いかな…w

物の整理してたら、昔、毎日切り取って集めてた新聞の連載小説見つけた。

光ってみえるもの、あれは

これ、タイトル、作者名部分を切り取ってしまっていたために、本として全部読みたくても詳細が分からずじまいで、ずっと気になりつつも放置していた。
さっき思いついて登場人物の名前で検索してみたら、あった!
『光ってみえるもの、あれは』by川上弘美
あんまりにも有名な本だった…これだったのか。

何か、登場人物全員、自分は自分って感じで、あんまり人に迎合しない感じが貴重に思ってた。よく分かんないけど、魅かれるものがある。全部読んだわけじゃないけど。

今度借りて読んでみよう。

新聞の連載小説って次が気になるように終わるから、いつも凄く楽しみに読んでた。
今までに新聞から入って好きになって読んだものとして、
『トライアングル』by俵万智
『官能小説家』by高橋源一郎 
がある。後者は、私には難しすぎた…
部分部分だと胸を打つものがあるけど、全部を通して読むと全く印象が違う。
そこが連載小説の面白さであり、「思ってたのと違うー!」部分でもある。諸刃の剣。

スポンサーサイト


- 日記 - Permalink - Comment:2 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。